親戚の子供へのお年玉、世間の相場ってどれくらい?

暮らしの知恵
スポンサーリンク

こんばんは。

そろそろ、新年を迎えるカウントダウンが始まりましたね。

お正月には、親戚が集まり賑やかに過ごす方もいらっしゃるでしょう。

さて、自分の子供や親戚の子供への『お年玉』は、いくら位を予定していますか?

私も気になったので、少し調べてみました。

お年玉って

お年玉(おとしだま、御年玉)は、新年を祝うために贈られる金品のこと。現在では特に子供に金銭を与える習慣及びその金銭の意で用いられている。目上の者が目下の者に贈るのが特徴
                                              出典:ウィキペディア

古くはお正月に歳神さまを迎える行事があり、門松を立てて鏡餅を供えるていたようです。

供えた餅を『お下がり』として子供達に食べさせ、御歳魂(おとしだま)と言われたのが、
由来だそうです。

すっかり『お年玉=お金』として日本の文化に根付いているので、疑問に思ったこともなかったです。

元々は、お餅を分け与えるという所から来ているのですね。

相場は・・・

悩み所は、ズバリ!金額ですよね。

お年玉をあげる相手との関係にもよりますが、毎年悩まされてしまいます。

特に、甥・姪へあげる時。

自分にも子供がいるので、当然うちの子供も貰えるだろうという親の内心が見え隠れしてしまいます。

同じ年頃なのに、あげる金額と頂く金額が違う時!これが一番困りませんか。

こちらがあげた金額より、子供に頂いた金額が多いと申し訳ないし、
逆に少ないと自分の常識が間違っていたのか?とも思ったり。

もちろん色んな条件で金額も変わってきますが、こういうのって統一して欲しいですね。

近い立場の人なら、お互いに「いくらにする?」って相談出来ますが、そうもいかない立場だと困るんですよね。

赤ちゃんから幼稚園まで

0円~1000円くらい

赤ちゃんには、祖父母からは頂く事も多いと思いますが、金額にこだわらずプレゼント等で代用してもいいと思います。

幼稚園児くらいなら、お金の存在も分かるようになってくるので、かわいいポチ袋に500円玉を入れてあげると喜んでくれますね。

小学校低学年・高学年

2000円~3000円(低学年)

3000円~4000円(高学年)

小学生(低学年)も、これ位でいいのではないでしょうか?

うちでは小学生は3000円と決めて、その子の好きそうなキャラクターグッズやお菓子を一緒にあげています。

確かに3000円って少ないとも取れますが、要は気持ちですしね。

中学生

5,000円~7,000円

中学生くらいになると、色々と欲しい物や出かける事も増えるでしょう。

相手との関係にもよるかな、という気もします。

高校生

5,000円~10,000円

高校生も中学生と同じで、色々と使う事も増えますが、自分でアルバイトしている子もいるでしょう。

年齢で金額を決めなくても、家庭で決めてしまってもいいのかと思います。

大学生以上

10,000円~

これ以上はないと思うのですが、一万円渡して常識外れって事はないでしょう。

逆に、大学生は渡さないって声も聞きますが、お正月にみんな集まっているのに、
一人だけ大学生だからといって渡さないのも変ですしね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎年、頭を悩ませる『お年玉』

相場ももちろん大事でしょうが、自分の立場もありますし、臨機応変でいいのかと思います。

独身で年齢も収入も高めの親戚の人からなら、多めに頂いた記憶がありますし、家族で子供も多いお宅からは一定の金額でしたしね。

次のお正月は、自信を持ってお年玉を渡しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント