ラッピングが上手くいく意外なコツ!リボンを上手に結ぶ方法

ラッピング
スポンサーリンク

こんにちは~

前回は箱をラッピングする方法をお伝えしました。

参考記事はこちら→

コツさえ掴めば、簡単に見栄えの良いラッピングが完成するので
試して欲しいのですが、今回は『リボン結びのコツ』を紹介します。

『リボンくらい結べるよ~」という声が聞こえてきそうですが、
意外と綺麗なリボン結びが出来ない人が多いですね。

もしかしたら、あなたもですかー?

リボン結びも、あるコツさえ掴めば応用が効くので、
是非マスターしてみて下さいね。

ラッピングでリボン結びをする方法

これは私がリボン結びをした物です。

リボン部分をご覧ください♪
リボンに表裏がある場合は、

  • キチンと表が揃っているか?
  • リボンの柄の向きがあっているか?
  • リボン部分が左右対称か?

っていうのが、ポイントになります。

リボンの表裏がないタイプを使うのが、初心者さんにはオススメです。
どちらが表になっても目立ちませんのでね(^^;

では説明していきまーす。

用意するもの

  • ラッピングする袋(箱でも構いません)
  • リボン
  • はさみ
  • テープ(ほぼ不要、必要であれば)

これだけで大丈夫です。

実際の手順を説明します

まず袋の中にラッピングする物を入れます。

 

袋の口を、蛇腹になるようにたたみます。

ここを等間隔で折りたたむと、出来上がった時に美しく見えます。

袋の下にリボンを渡し、上部に持ってきます。

リボンにロゴが入るなど、上下がある場合は向きに注意してくださいね。

この時写真のように左側のリボンを、右側のリボンの下をくぐらせて
上部に出します。

ギュッと絞った所です。

写真を見ると分かりますが、右側に出したリボンは
リボンの表面が下を向いています。

左側のリボンは、表面が上を向いています。

ここからが少し気をつける所です。

左側のリボンを表面が外側になるように、折ります。

その左側で折ったリボンを、右側に倒します。

写真は、分かりやすいようにクリップで留めてあります。

上部にあるリボンを前から下に向けて、おろします。

左手で持っている部分は、大変ならクリップで留めてもらっても
大丈夫ですよ。

 

⑥の写真で下に下りているリボンの先を、
輪っかにして右手で持ちます。

右側にあるリボンの後ろを回して、左手で掴んでいる部分の
内側を通して左に先端を出します。

ちょっと大きく拡大してみました。

ここがポイントなので、注意してみて下さいね。

先ほどの右側の輪っかを作らないで、普通に通してしまうと、
仕上がりのリボンが縦向きになったり、裏表や上下が合わなくなります。

この状態になったら、OKです。

リボンの向きやロゴも、きちんと向きが合っています。

間違ってしまった例を、写真に上げておきます。

右からリボンを通す時に、表裏を間違えると、
写真のようになってしまいます。

リボンに表裏がないタイプを使っていれば、この状態でもOKですね。

これで、リボン結びのラッピングは完成です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちょっと難しかったでしょうか?

スニーカーの靴紐を結ぶ時などと同じように、
蝶々結びでラッピングすると、仕上がりが縦になったりします。

基本の結び方で、ちょっと気を付けるだけで
きれいな左右対称のリボンになるので、
挑戦してみて下さいね。

クリスマス、バレンタイン、誕生日プレゼント・・・

ラッピングする機会は意外とあるかも知れません。

コツを知っているだけで、おお~っと言われる事間違いなし。

私は子供達に自信をもって、ラッピングをしてあげています(*^^*)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント