初おせち作り、ゼロ活力鍋で簡単に手作りしてみない?

暮らしの知恵
スポンサーリンク

そろそろ年の瀬が迫り、慌ただしくなってきました。

クリスマスが過ぎれば、もうすぐお正月。

あっという間に今年も終わりですね。

今年もそろそろ【おせち料理の材料】を、
少しづつ買ってこようと思っています。

私が、おせち料理を作るようになったのは、3年前です。

恥ずかしながら、『おせち料理は夫婦どちらかの実家で食べる物』という
暗黙の了解の中で、20年近く過ごしてきました。

両方の親も高齢になり、義父の体調がすぐれなくなった頃から、
年末から泊まりでの帰省は遠慮するようになりました。

子供達も大きくなって来て、それぞれに用事が増えてきたのも理由かも知れません。

「来年の正月は、お節なくていいよね?」と軽く家族に聞いてみたところ、
「いや、いるでしょ?!」との答えに軽く驚いた私。

ごめんなさい、私おせち料理を美味しいと思って食べていませんでした(汗)

この3年前をきっかけに、私のおせち作りが始まりました。

娘が二人もいるのに、日本の文化を伝承していかないと将来困るだろうな、
という考えもよぎります。

季節の行事は、子供が小さい頃から取り入れていたつもりでいましたが、
歴史ある文化の『おせち料理』こそは取り入れておきたいと誓ったのです。

おせち料理の意味

今更ながら、おせち料理の意味ってご存知ですか?

私が子供の頃は、年初めに各家を訪れて、その家を1年間守ると言われている年神様に
お供えをするための供物料理
だと聞いていました。

そして、お正月にお店が定休日になってしまうので、
三が日に食べる物だと言われてました。

台所を預かる主婦が、食事の用意をしなくていいようにという意味も
込められてた気がします。

私が子供の頃は、元旦はスーパーも定休日だったし、
年中無休の店もそんなにありませんでした。

日持ちのするメニューがお重の中に詰められていて、
後半になると「また、お節~?」と子供の頃は不満を漏らしていましたね(^_^;)

昔は、お正月を迎えるっていう事が大変重要視されていたんですね。

子供心に、大みそかに母がせっせとお節料理を作りながら、
紅白を見ていた姿を思い出します。

おせちの始まりは、弥生時代に中国から伝わったのをきっかけに、
江戸時代後期には今のような形に落ちついたとされています。

おせちが重箱に収められるようになったのは、
幸せを重ねる・めでたさを重ねるといった語源から来ているようです。

おせち料理は、各家庭で作られる物でしたが、
終戦後からデパートで販売されるようになったようです。

最近のおせちは、進化していますよね。

豪華食材を使った有名シェフのプロデュースした物から、
各百貨店や料亭などが出している物も出ています。

和風だけではなく、洋風や中華風などバラエティに富んだおせちもあります。

でも市販品は、お値段も立派です。

少しだけ食べたいって家庭には向いていますが、
人が集まるお宅だと量が物足りないかも知れませんね。

初めて作るに当たって参考にしたもの

私が実際に作ろうと思い、調べ出した所・・・

全国各地、地域によって違いがあるものの、
全部で20~30種類はあるそうです!

自分や主人の実家で食べていた物しか知らなかったし、
意味合いも知らない物もありました。

ごくごく一般的な物は、こちら(oisixさんより画像お借りしました)

 かまぼこ:半月かまぼこは日の出を表す。赤は慶び、白は神聖の意味を持つ。

 数の子:ニシンの卵である数の子は数が多いことから子孫繁栄を願う。

 伊達巻:書が巻物にされていたことから、知識が増えることを願う。

 栗きんとん:黄金色をしていることから財宝にたとえられ、金運を呼ぶ。

 昆布巻き:「喜ぶ」にかけて縁起をかつぎ、健康長寿を願う。

 黒豆:邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められている。

 紅白なます:水引をかたどっているとされ、平安や平和を願う。

 田作り:片口イワシを撒いて豊作となった田畑があったことから、五穀豊穣を願う。

 たたきごぼう:ごぼうは、地中深くに根が入っていくので、家の基礎が堅牢であることを願うとされる。

 煮しめ:土の中で根を張る根菜が中心で、末永い幸せを願う。

 

他にも、有名な物が多々ありますが、お重に入れるにも順番やなんかに決まりがあります。

色々と調べるうちに、うちの実家はゆるいお節料理だったんだな(^_^;)と、
気付いてしまいました。

全部、自分で手作りしていてはキリがないのと、
金額も張ってしまうので、厳選する事にしました。

その参考にしたのが、アサヒ軽金属工業さんのレシピです。

アサヒ軽金属工業の『ゼロ活力鍋』が凄い

こちらの会社が製造・販売している商品の中にゼロ活力なべがあります。

こちらは、私が10年以上前から使用している圧力鍋なんです。

当時は沸騰したら、1分だけ加熱して火を止めるだけで料理が出来上がったのですが、
今はさらに進化していて沸騰したらすぐ火を止める(0分)だけでよくなりました。

 

たかが1分ですが、大きく違いますよ~^^

 

嘘みたいな話ですけど、圧力鍋以外も本当に便利な万能鍋なんです。

水なしで野菜が茹でられたりするフライパンもあります。

サイズも色々ありますので、ご家庭の人数によって選べますよ。

 

 アサヒ軽金属工業HPより

わが家の、お料理関係が数倍にもグレードアップしたのは、
このお鍋のおかげだと言っても過言ではありません。

夕飯まで時間がないって時も、カレーだってすぐ作れちゃいます。

煮込まないでいいのであっという間に出来るし、
野菜から水分が出るので少しの水でいいんです。

野菜の甘みが感じられる優しい味で、お肉もホロっと軟らかく仕上がります。

魚も丸ごと調理すると骨のまま丸ごと食べられるので、
カルシウムも沢山摂れますしね。放置するだけ!

子供にも骨を気にせず、与えられるので、本当に重宝していました。

玄米も、この圧力鍋で簡単にふっくら仕上がりますよ。

今回は、お節料理を作るのに便利なゼロ活力なべを紹介しましたが、
ほかにも便利な商品がたくさんあります。

興味があれば、一度HPをご覧になってみて下さいね。

アサヒ軽金属工業

定期的にお得な案内や冊子が届くのですが、そこに『大晦日でも間に合う、おせち料理レシピ』
が掲載されていたんですね。

 

それを参考に作ってみたら、本当に1日で完成したのです。

 

しかも自分で作ると、味の調整も出来るので、美味しいこと!!自画自賛ですみません;

元旦から食べる食べる、大人は飲む飲む~♪

私は市販の伊達巻が甘くて苦手だったのですが、
自分で作った物は違いました。

次女も甘い卵焼きは食べないのに、お節の伊達巻は「美味しい」と食べたんですよ。

しかも量も好きなだけ作れるので、お代わり自由(笑)

実際の写真が、こちら。

2019年、わが家のお節(お重は家紋入りの漆器です)

手作りしたもの

紅白なます
黒豆
田作り
栗きんとん
伊達巻
たたきごぼう
酢れんこん
のし鶏
数の子
煮しめ
ローストビーフ
松前漬け

ハム、いくら、かまぼこは、市販の物で済ませました。

そして、義実家に挨拶にいく際に少し持参したら、喜んでいただけました。

義母は、自分で作るお節以外を食べる機会がないので、新鮮だったそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

おせち料理を作ってみようかな、と思われた方!ゼロ活力鍋があれば簡単に出来ますよ。

ご家庭の好みの味で、買うよりは低価格で作れちゃいます。

次回は、実際に私が作ったレシピと工程をご紹介したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント