喪中ハガキ郵便局にいつまでに出せばいい?マナーや出す範囲あれこれ

暮らしの知恵
スポンサーリンク

喪中のハガキは、いつまでに出せばいいの?
どこまで出すべきなの?

前もって準備しておけない場合もありますし、
色々と疑問がわきますよね。

私も昨年度、喪中のハガキを出す立場になり戸惑いました。

そんな喪中に対してのあれこれを調べたので、共有していきたいと思います。

喪中の基礎マナー

近親者が亡くなった時、故人の死を悼み、身を慎む一定の期間の事を
『服喪(ふくも)』と呼びます。

喪に服すという言葉を耳にした事があると思いますが、
昔から死はけがれの一種とされてきたので、身内に死者が出ると、
けがれが周りに波及しないように距離を置くようにされてきた由来
からきています。

喪中の期間は、亡くなった日から1年間とされています。
亡後四十九日法要までは、忌中として、より厳格に身を慎む期間とされています。

喪中の期間は、おめでたい事は控えるというのが決まりです。
お正月・婚姻・初詣など、本来なら祝う行事は避け、年賀状も出しません。

そのため、本来なら新年のご挨拶をしようと思っていた方に、
年賀状を出せない旨を知らせる事が必要になるんですね。

喪中はがきを出す時期、郵便局にはいつまでに出す?

喪中はがきとは『年賀欠礼状』というのが正式名です。

喪中の期間にお正月を迎える場合に、新年のあいさつを控える事を
詫びるためのハガキです。

私は、身内が亡くなった事を知らせるためのハガキかと思っていましたが、
意味は少し違ったようです。
『喪中のため年賀状(新年の挨拶)が出せないのですみません』という
意味合いだったのですね。

最近は、プライベートとビジネスの年賀状を分ける人も増えてきました。

郵便局のHPにもありますが、
プライベートの関係の方には喪中はがきを送り、
ビジネス上の関係の方には例年通りの年賀状を送る、
という考え方もあるようですね。

喪中はがきを郵便局に出す時期

喪中のハガキを出す時期は、11月中から12月初旬までに出すようにします。

遅くても12月初旬までに出さないと、相手方の年賀状の準備に
間に合わない可能性も出てきます。

年度の早い時期に亡くなってたとして、「早めに出しておこう!」と
思うかも知れませんが、あくまで喪中ハガキなので早めに出すのはタブーです。

受け取った方も、早い時期に頂いてしまうと年末に忘れてしまう事も
ありえますので、ご注意くださいね。

 

もし12月の時期までに出せなかった場合は、1月~2月4日までの間に出す『寒中見舞い』として出します。喪中だったという旨を添えて出せば問題ないですよ。
 

喪中となる親族の範囲

喪中ハガキは、2親等内の親族が亡くなった時に出します。

故人から見て1親等:両親・配偶者・子

故人から見て2親等:兄弟姉妹・祖父母・孫

本来なら上記の関係の方が亡くなった時に出しますが、
親しい間柄の場合は2親等内でなくても出される場合もあります。

そこらへんの判断は、故人との関係や同居していたか?などで
されても良さそうです。

喪中ハガキを出す相手はどこまで?

さて喪中ハガキを出す相手は、誰までがベストなのでしょうか?

基本的には、例年年賀状を出している相手と考えればいいでしょう。
もし喪主を務めた場合は、故人が生前に年賀状をやり取りしていた相手
(友人・知人など)や葬儀に参列して下さった方へもハガキを出します。

例外として、訃報をご存じである親戚には出す必要はありません。
また会社のビジネス関係で年賀状をやり取りしていた方には、
相手に気をつかわせてしまうので、出さなくても大丈夫です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

喪中ハガキを初めて出される方の参考になれば、幸いです。

次の記事で、実際に出す喪中ハガキの文例や内容を
ご紹介していきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント