簡単!手作り柚子茶(ゆずジャム)で冬を楽しむ【冬至】

果物・野菜
スポンサーリンク

2019年は12月22日が『冬至』です。

毎年この時期になると、暦の上では冬の真ん中。

寒さも厳しくなってくる頃ですね。

冬至って

冬至とは二十四気の一つで、一年中で太陽が最も南に寄り、
北半球では昼が最も短い日と言われています。

 

昔から、この日は一年で一番日が短いと共に、
一番寒いと言われていました。

 

冬至には『ん』のつく物を食べると、運気が良くなるといった
意味合いで伝えられています。

 

かぼちゃ(なんきん)やレンコンなどが有名ですかね。

 

今風に解釈するなら、栄養価の高い野菜を摂る事で、
寒い冬を乗り切ろう!という感じなのでしょうね。

旬の食べ物は、その時期一番栄養素も高く、多く出回りますしね。

 

子供の頃は祖母が近くに住んでいたので、冬至にはゆずの実と、
かぼちゃの煮物を持ってきてくれてたのを思い出しました。

 

他にも『ゆず湯』に入るってのもあります。

 

うちの近所にも、「今日は冬至です。ご自由にお持ちください」
と書かれた張り紙があり、箱に柚子を入れてあるお宅があります。

 

家の庭にゆずの木が生えていて、ご好意で譲って下さるようで、
下校途中の子供たちが頂いてきた事もあります。

 

すごく粋な計らいですよね~。

 

その日は、もちろんゆず湯にしました。

ぽかぽかと、身体の芯から温まる気がします。

 

食事については、今年はレンコン・人参・大根・こんにゃく
を入れて豚汁にでもしようかな。

 

それとスーパーで手ごろな柚子が売っていたので、
簡単に長く楽しめる『ゆずジャム(ゆず茶)』の作り方を
紹介したいと思います。

材料&必要なもの

・ゆず・・・適量

・砂糖(うちは、さとうきび糖を使います)・・・ゆず種、ヘタを取った重量と同じ量

・密封できる容器

・はかり

・鍋

以上、これだけです。

柚子は、パック売りの物を購入してきました。

 確か198円だった気がする。

 

今回は、こちらを使いたいと思います。

 

 4つで約240gでした。

作り方

①まず、沸騰したお湯に柚子を入れ、3~5分煮ます。

消毒等が落ちるのと、外の皮が軟らかくなって後の作業が簡単になります。

 

②煮た後の柚子を取り出し、水気を拭いて横半分に切ります。

 

柚子は、種が多いです。

ここで種を取らなくても、次の工程でやるので気にしなくても大丈夫です。

③別の容器にザルをセットし、中の果汁と実を絞ります。

ここで種を取り除く。

④外側の皮は、細く刻みます。

 

⑤さきほどの③で別容器に入れた物に、
刻んだ皮も入れ重さを計ります。

 

お皿の重さが290gだったので、ほぼ重量は200gですね。

 

なので砂糖の量も、200g用意します。

 

⑥鍋に、柚子と砂糖を入れ、弱火で15分ほど煮詰めます。

灰汁が出たら、取り除きます。

⑦煮沸消毒した容器に入れて、完成!

色が黒いのは白砂糖でなく、さとうきび糖を使っているからです。

 

冷めたら、冷蔵庫で保管するといいですね。

 

ヨーグルトに入れたり、パンに塗ったり、
お湯を入れれば柚子茶も楽しめます。

 

お料理にも使えるので、色々と利用できそうです。

 

もっと簡単に作りたい方は、砂糖の代わりに氷砂糖を使用します。

 

瓶に柚子(作り方同様下処理したもの)を入れ、
その上に柚子と同量の氷砂糖を入れるだけ。

 

これなら鍋で煮たりせず、2~3日もすれば出来上がるのではないかと思います。

 

その場合は、柚子シロップ的な感じの仕上がりですね。

 

柑橘系の果物は、火を通す事で果実や果汁に含まれている
ペクチンに糖類と酸が作用して、柔らかく固まるのでジャムになります。

 

柚子茶としてだけ使用するなら、氷砂糖で作るといいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

冬至で使う柚子から、簡単に出来る柚子ジャムのレシピをご紹介しました。

 

まだまだ寒さは続きます。

 

風邪対策にも、柚子茶にショウガを
おろしたものを入れてもいいと思います。

 

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメント