業務スーパーの冷凍じゃがいもが美味しくない?!調理のコツと時短レシピ

業務スーパー
スポンサーリンク

業務スーパーの冷凍野菜『ポテト』をご存じですか?

皮を剥いた冷凍じゃがいもが1㎏入ってます。

形は乱切りになっており下茹でされているので、レンチンするだけで簡単に調理ができます。時短にもなるしとっても便利。

気になる味の方は『美味しくない』との口コミも見かけますが、調理のコツさえ押さえればオススメできるので、実際にお伝えしていきますね。

業務スーパーの冷凍じゃがいもって?

こちらの商品は、業務スーパーの冷凍野菜のコーナーにあります。

けっこう人気商品らしく品切れしている時もあるので、見かけたら要チェックです。

容量は1㎏入って、264円(税込み)です。

普通に生のじゃがいもを購入したら、1㎏でこの値段では買えないですね。

しかも皮むき処理済み、下茹で済みとなれば言う事なしです。

業務スーパーの冷凍じゃがいもの詳細

原材料はジャガイモ、食塩、ブドウ糖とシンプルです。

原産国が中国となっています。

下茹でしたじゃがいもを急速冷凍してあるので、パッケージの裏面にも書いてある通り、揚げてフライドポテトにしたり、潰してポテトサラダやコロッケなど応用が効きそうです。

業務スーパーの冷凍じゃがいものカロリーは?

カロリーは100gあたり73kcalです。

コスパも高く、100gあたり26円程ですね。

栄養成分表示(100gあたり)
  • カロリー・・・73kcal
  • タンパク質・・・1.5g
  • 脂質・・・0.1g
  • 炭水化物・・・16.8g
  • 食塩相当量・・・0.02g

 業務スーパーのじゃがいもを使ったメニュー

業務スーパーの冷凍じゃがいもは、下茹してあるので調理が簡単。

いくつか作ってみたので、ご紹介しますね。

じゃがいもの素揚げ(ポテトフライ)

一番簡単に出来るであろう、凍ったままのじゃがいもを油で揚げてみました。

冷凍されたじゃがいもを、お皿に出したところです。

乱切りになっていて、一口サイズになってます。

少なめの油で揚げていきます。

 

熱した油に冷凍食品を入れるとハネる事が多いので、油に冷凍食品を入れてから火を付けるとハネずに出来上がります。油が温まるまでは触っちゃダメ(崩れるので)

塩と乾燥パセリを振りました♪

業務スーパーに売っている、カレー粉(パウダー)をかけても美味しいです。

明太子とマヨネーズを和えたソースにつけても、子供達に人気でした。

外はカリッ、中はホクホクして美味しかったです。

普通の冷凍ポテトフライも美味しいですが、乱切りのもアリですね。

この日はハンバーグだったのですが、付け合わせに沿えたら好評でしたよ。

ポテトサラダ

パッケージの裏面にもレシピが載っていますが、王道のポテトサラダを作ります。

お皿に乗せてラップをせず、600wで7分加熱しました。

表面の霜がなくなって見た目は分かりませんが、楊枝を刺すとスッと刺せる状態です。

 

必ず電子レンジで加熱して下さい。お湯で茹でたり、自然解凍してしまうとボソボソした食感になったり形が崩れてしまいます!

まだ熱い内に、フォークやスプーンで潰しておきます(お好みの荒さで)

潰した状態で、先に塩・こしょうをしておきます。

他の材料は家にあったもので準備しましたよ。

  • きゅうり・・・塩もみしておく
  • タマネギスライス・・・水にさらしておく
  • ハム・・・適当な大きさに切る
  • マヨネーズ
  • 粉チーズ
  • 塩・こしょう
  • リンゴ酢(お好みで)

うちのポテトサラダには、粉チーズを入れます。

コクが出て少し大人のポテトサラダになります。

ハムの代わりに、ベーコンを炒めた物を入れると更に美味しいですよ♪

味を見ながら、調味料を加え仕上げます。

いつも目分量なので、きちんと計って作った事はありません。

出来上がりました~♪

ポテトサラダはじゃがいもを茹でて潰す作業が手間なので、ここを省略できると楽でいいですね。

うちは家族でポテトサラダを食べるのが2人しかいないので、わざわざ作る事を考えると市販の物で済ませる事もありますが、業務スーパーの冷凍じゃがいものお陰で食卓に上る事が増えました。

たくさん作って食べられるのも、手作りならではですよね。

コロッケ

コロッケも同じ要領で作ります。

ひき肉とタマネギをフライパンで炒めます。

レンジでチンした冷凍じゃがいもを潰し、上の具材と混ぜます。

味付けは、ここでやっちゃいます。

ここでカレー粉や残り物のカレーを加えたら、カレーコロッケができます。

カレーコロッケの時は、タネの中心にプロセスチーズを入れると、揚げた時に中からチーズが溶け出て美味しいですよ♪

後は形を整えて、小麦粉→卵→衣を付けるだけ。

うちではバッター液(小麦粉、卵、牛乳をあらかじめ混ぜたもの)にくぐらせて衣を付けます。

手間が省けて楽ですよ!

中は火が通っているので、少なめの油で揚げ焼きにすれば出来上がり~♪

簡単にできました。

私は衣をつける事が面倒な時は、タネを耐熱皿に入れ、乾煎りしたパン粉を上にまぶしてオーブントースターで焼きます。

1人分でお皿に入れてみました。

フライパンで乾煎りしたパン粉を乗せ、オリーブオイルを少し垂らしてから、オーブントースターへ。

ちょっと目を離したすきに、焦がしてしまいました(-_-;)

油で揚げるのが面倒な方は、是非お試しくださいね。

アレンジメニュー

他にも色々と使えそうです。

ビシソワーズのようにじゃがいもを潰してスープにしたり、ロース肉に巻いてフライパンで焼いたり。

ただ、難点は崩れやすいこと。

崩れてもいい料理にはいいのですが、肉じゃがやカレー、シチューといったメニューには油で揚げてから最後に投入するのがいいかも知れません。

そのまま煮込んでしまうと、崩れて形がなくなってしまいました。

まとめ

業務スーパーの冷凍じゃがいものご紹介でした。

調理する際のポイントさえ気を付ければ美味しく食べられます。

・解凍は必ず電子レンジを使う(自然解凍は×)
・煮込み料理には、最初に焼くか油で揚げてから最後に投入

 

忙しい方の料理の時短には、とても便利な食材です。

しかも1㎏で245円というコスパの高さ!

ぜひ、興味ある方は試してみて下さいね。

コメント