仰天!業務スーパーのグリーンカレーヌードルが手軽で美味しい!

業務スーパー
スポンサーリンク

業務スーパー大好きな私。

近所にある事もあり、ちょいちょい覗いては新商品を探すのが好きです。

特に輸入商品は、本場の味さながらの物も多いので、
いつもワクワクしてしまいます♪

今回は『グリーンカレーヌードル』をご紹介します。

前から置いてあったのは気付いていたのですが、
グリーンカレーは好きだけど、麺よりはご飯で
食べるのが私の中では一般的でした。

業務のグリーンカレーペーストは購入済(美味しいんですよ)

でも一人でお昼を食べる時などは、麺類って便利ですよね~

寒くなってきたし麺の方も買ってみよう♪と思い、試してみました。

業務スーパー『グリーンカレーヌードル』

こんな感じの緑のパッケージです。

これが5つがセットになって、売られています。

お値段、5つで¥218(税抜き)です。

何と一袋 ¥43.6です。

やっす~い!!

チキン風味です。

原産国はタイですね。

内容量が70gとありますが、普通の即席麺より少し小ぶりな感じです。

気になるカロリーですが、㏋に記載がありました⇓

グリーンカレーヌードル(100gあたり)

●エネルギー:437kcal

●タンパク質:7.6g

●脂質:15.5g

●炭水化物:66.8g

●ナトリウム:2200mg

意外と高いのね・・・という感じです。

カレーって元々、色んな香辛料が含まれており
カロリーも高いイメージですが、グリーンカレーも
同じなのでしょうね。

では、実際に作ってみました。

グリーンカレーヌードルを調理してみた

こちらの即席麺、作り方が2種類あります。

パッケージの裏面にも書いてあるのですが、

  1. 熱湯を注いで、3分待つ
  2. 鍋で1分半、煮る

2種類の方法があります。

袋の中には、乾麺と上記のようなシーズニングとオイルが入っています。

私は、②の鍋で茹でる方法で作ってみました。

作り方は、いたって簡単。

鍋に400㏄の水を入れ、沸騰したら麺を入れ1分半茹でる。

シーズニングとオイルを入れて、混ぜれば出来上がり♪

誰でも迷う事なく作れます、はい。

出来上がり写真。

今回は冷蔵庫にあった、手作りの鶏ハムを乗せてみました。

やっぱグリーンカレーには、チキンよね。

チキン風味だったし、という理由。

ここにパクチーでも乗せれば、それなりの写真が取れたのに!
という後悔は置いといて(パクチーは好んで食べない)

いざ、実食~♪

本格的なお味です!!

味はスパイシーで、辛さも程よくあります。

本当にグリーンカレー、まさにグリーンカレー。

グリーン、グリーン♪

私は辛い物は比較的大丈夫なので、何ともありませんが、
お子さんには好みによると思いますね。

ちなみにうちの子供は、普通に食べていました。

グリーンカレーがお好きな人なら、絶対アリです。

グリーンカレーヌードルの残念なポイント

ただ、、1つだけ残念ポイントが。

麺が柔らかい・・・

例えるなら「チキ〇ラーメン」のようです。

調理方法が2つあると書きましたが、①お湯を注いで待つだけ。

これって、チキ〇ラーメンも同じですよね。

煮込む事も出来るけど、お湯を注ぐだけでもいいという。

カップ麺だと、お湯を注ぐだけなのに『本格生麺』
のような食感をアピールしている商品もあるのに、
即席麺は不可能なのでしょうか。

私はメーカーでも製造業者でもないので、詳しくは分かりません。

でも麺だけは、チキ〇ラーメンに激似です。

「☆いくつですか?」と聞かれたら(3つ中)私なら☆☆ですね~(^_^;)

お味だけなら、☆☆☆です。

グリーンカレーヌードルのおススメの食べ方

私、ひらめいてしまいました。

麺は私にはイマイチだったけど、お味はピカイチなんです!

これは、やっぱり麺より米に合うと思います。

タマネギ、ピーマン、シメジ、鶏肉を炒めた所に、水と
このグリーンカレーヌードルのシーズニングとオイルを
加えれば、立派なグリーンカレーになりますね。

まあ、「それが面倒だからヌードルとして食べてるねん!」
って人は、そのままどうぞ。

もしくはグリーンカレーヌードルを食べ終わったスープに、
白ご飯を入れてみて下さい、豚になるかも知れませんが。

私は、やってみましたw

グリーンカレーになります(*^^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

業務スーパーの『グリーンカレーヌードル』をご紹介しました。

主婦の昼間のランチとか、子供の軽食なんかには、

かなりオススメな感じがします。

しかも、お味はしっかりグリーンカレー♪ですしね。

お好きな人には、リピート購入間違いなし。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント