知らなかった!太巻きと恵方巻は違うの?食べ方は?

食べ物
スポンサーリンク

先日、主人がお土産に『太巻き』を持って帰っ来てくれました。

まさに、お土産にお寿司というと、このイメージ(笑)

その太巻きを食べながら「太巻きと恵方巻って同じなの?」
という疑問が沸いてきました。

今回は、お土産の太巻きからの疑問で調べてみようと思います。

食べた太巻き(鮨源)について

さっき、お土産に持ち帰ったと書きましたが・・・

現実はですね、営業なんでお客さんとの接待でお寿司屋さんを利用した際、
帰りに上司が自腹で手土産にと持たせてくれたそうです。

お値段聞いて目玉が飛び出そうになりました(>_<)

自分で購入する事はないだろう、高級なお品でした。

上司サマ、ありがとうございます。

その太巻きが、こちら⇓

帝国ホテルにある鮨源さんの寿司(十二単という名前)

木箱(紙製ですが)に入っております。

丁寧に、割りばし・紙皿・ガリも入っています。

気になる中味、オーープン♪

断面が凄すぎました(^_^;)

大きさを測ったところ、直径で10センチありましたよ。
8等分に切ってありました。

時間も時間だけに、家族誰も食べたいと言わなかったのですが、
鮮度が命だしという事で頂く事にしました。

 

 

す、すごいです!!

中の具も卵、とびっこ、タコ、アナゴ、かまぼこ、ごぼう、きゅうり、かんぴょう、でんぶ・・・

他にも入っていたかも知れません。

紹介されていた記事を見かけました。(写真お借りしました)

これだけの具が入っているのですね!

間違いなく美味しいと想像できます。

気になるお味は、お酢の加減が絶妙で、具がそれぞれ単独でも美味しかったです。

とてもバランスがいい組み合わせだなと思いました。

1つ言わせて頂くなら、大きすぎて食べ辛い事ですね(^_^;)

一口では食べれないし、ボロボロ落ちるのでかじる事も出来ない、
箸で少しずつ切って食べるしか方法はなさそうでした。

太巻きとは

太巻きの定義が分からなかったので、調べてみました。

巻き簾(す)の上に海苔を置き、酢飯を広げて具を巻いた物を、
『巻き寿司』といいます。

関東では『海苔巻き』と呼ばれてたらしいですね。

関西では『巻き寿司』の中でも、太さによって「太巻き」「中巻き」「細巻き」
と分類されています。

確かに、私は関西出身なので「巻き寿司」の呼び名は上記のように分類
されて記憶があります。

巻き寿司は、中の具に決まりがないのが定義です。

恵方巻とは

では、恵方巻はどうなんでしょうか?

私は子供の頃から、節分には恵方巻を丸かじりする習慣がありました。

だいたい祖母が手作りの恵方巻を届けてくれて、夕飯の時に吉方角を向いて
無言で食べていました。

結婚して節分に恵方巻を出したら、関東出身のダンナは驚いていましたね。

私の中では、「恵方巻」=「太巻き」のイメージでしたが、
調べてみた事で大きな間違いに気付きました。

恵方巻は、大阪で節分を祝ったり商売繁盛を祈って始まったとされています。

7福神にちなんで『7つの具を入れる』事が恒例となりました。

気になる具ですが、

恵方巻の具
  • うなぎ(アナゴ)
  • かんぴょう
  • きゅうり
  • 椎茸の煮たもの
  • たまご
  • 桜でんぶ
  • その他(えび・高野豆腐など)

こんな感じが、多いみたいです。

七草がゆのように、決まった具材7種類というワケではないようですね。

最近は関東でも有名になり、毎年節分には「恵方巻商戦」が繰り広げられています。

中には変わり種の具が巻いてあるものや、ロールケーキの恵方巻なども
出ています。

ブームに乗ろうとする戦略もいかがなもんなんでしょうか(-_-;)

 

太巻きの食べ方

私が頂いた太巻きもそうですが、大きすぎると一口で食べられません。

正しいマナーがあるのか調べたところ、巻き寿司に関しては厳しいマナーはなさそうでした。

握り寿司と同じく、一口で食べても二口で食べても問題ないです。

ただ、かじる際はかじった後の面を相手に見せないように食べるのが、マナー。

片手で口元を隠して食べれば、よいそうです。

あ、恵方巻の食べ方はあれですよ!

その年の恵方を向いて、黙って丸かぶりしてくださいね~

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太巻きと恵方巻は、中味の具の違いという事が分かりました。

食べ方も、特に気にする事はないようですので、
普段から太巻きを召し上がる際は、食べやすい方法で食べてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント