枝豆は茹でるな!栄養素を無駄にしない方法は焼いた方がいい!?

果物・野菜
スポンサーリンク

枝豆にビール、最高ですよね~♪

おつまみとしてだけでなく、栄養価も高いので、
子供のお弁当にも入れる事も多い枝豆ですが、
どうやって調理していますか?

もちろん茹でる?

ダメですよ~、茹でてしまうとせっかくの栄養素が5割も流れてしまいます。

美味しく調理して、栄養を全て吸収しちゃいましょう。

枝豆の栄養

枝豆が栄養たっぷりなのは、皆さんご存じでしょうか?

枝豆と呼んでいますが、大豆の未熟豆の事で緑黄色野菜の仲間です!

大豆は『畑の肉』と呼ばれていますし、緑黄色野菜の栄養化も持つ凄い存在。

具体的に見ていきましょう。

  • たんぱく質
  • カリウム
  • ビタミン(豊富なビタミン、Cも含まれる)
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • 鉄分
  • βカロチン

あの小さい豆の中に、豊かな栄養素が含まれているんですね~

中でも枝豆に多く含まれるビタミンB1、B2は、糖質・脂質・たんぱく質を体内で
エネルギーに分解する力があります。
夏バテ気味の方や、疲労回復にも手助けをしてくれます。

カリウムも多く含まれているため、利尿効果も高く、塩分の排出を助け、
高血圧やむくみの防止にもつながります。

葉酸や鉄分・カルシウムが含まれるので、妊婦さんやお子さんが積極的に摂ると
よいとされています。

栄養価は高いのですが、枝豆は大豆の未熟豆です。
*大豆アレルギーのある方は、気をつけて摂ってくださいね。

ビールには枝豆、のワケ

まずは、ビールと枝豆で乾杯~♪な場面もありますが、
きちんと理由があるんですよ。

枝豆に含まれるたんぱく質の中に『メチオニン』というアミノ酸の一種が含まれています。

このメチオニンは、アルコールの分解を助け、肝機能の働きを促してくれます。

だから二日酔いや飲みすぎに効くんですね。

枝豆は茹でちゃダメ!?

さて、そんなスーパーフードの枝豆ですが、
普通はお鍋で茹でて食べますよね~?

でも、待ってください(^^)/

せっかくの豊富な栄養素が、茹でる事でビタミンCに限っては
5割も流れ出てしまうんですって!

大変、大変、大変だ~と慌てる事なかれ。

茹でずに『蒸し焼き』にする事で、流れてしまうのを防ぐ事ができます。

水溶性のビタミンやミネラルも、そのまま保持する事ができるんです。

蒸し焼きのしかた

まず、枝豆を用意します。

ザルに入れた枝豆を塩で、こすり洗いします。
こうすると、産毛を取り除く事ができます。

水気を切らないまま、フライパンに入れます。

蓋をしまーす。

この状態で火をつけ、5分ほど中火~弱火にかけます。

じゃーん、出来上がりです♪

茹でるより、簡単ですよね。

食べてみて、塩気が足りない場合は、ここでかけましょう。

食べてみた感想ですが・・・

いつも私が茹でるよりは、固めな印象です。

お好みで、もう少し火にかける時間を長くしてもいいかも知れません。

味は、しっかりと豆の濃い味がしますね♪

アレンジ方法

① 蒸し焼き後に、オリーブオイルで唐辛子の輪切りとニンニクスライス(なければチューブ)
を枝豆と炒めると、枝豆のペペロンチーノ風になります。

ビールだけでなく、ワインにも合うおつまみになりますよ。

 蒸し焼き後に、ハーブソルトと粉チーズをかけて、イタリアン風。
これは、辛い物が苦手な子供も美味しそうに食べていました。

私のお勧めとしては、蒸し焼き後にオイルをかけた方が風味が増す気がします。

ごま油と塩も、合いそうですね♪

是非アレンジも、お試しあれ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

枝豆は、茹でるより『蒸し焼き』で栄養をキープ。

何より、私は茹でるより簡単だったので、これからも
蒸し焼きでいきたいと思います。

同じ枝豆を食べるなら、栄養も多く吸収したいですもんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント